転職のことなら転職シーキング。豊富な転職情報、役立つ転職コンテンツ。そして日本国内最大級の職業情報で皆さんの転職を支援します

転職シーキング >> 応募から面接まで

退職理由も意外と大事

志望動機は転職組も新卒組も変わらずに重要ですが、転職組は必ずといっていいほど、「なんで、会社辞めたの?」と聞かれます。

スポンサードリンク

そもそも転職する人の8割以上は、前の会社に何らかの不満な要素があり辞めたわけです。

そんなことは面接官は百も承知です。しかし、それを正直に「上司と合わなくて・・・」とか「給与が安くて・・・」とか言ってはいけません。

例えそうだとしても「さらにスキルアップがしたくて・・・」、「全く未知の分野の世界が知りたいので・・・」などなど、少しでもポジティヴな内容に変えるのです。

ネガティヴな退職理由で、唯一正直に伝えてよいのは、「会社の倒産」でしょうか。倒産はあなたのせいではありませんからね。

面接官は人の話を聞くのが上手です。もしあなたが前職の愚痴を言いだそうものならば、「うんうん」と最後まで聞いてくれます。

しかし、それと採用には全く関係がありません。基本的に人間はポジティヴな人を好みます。会社も同様です。

面接でネガティヴな心を出すような人を雇ってくれる会社は希少でしょう。

スポンサードリンク