転職のことなら転職シーキング。豊富な転職情報、役立つ転職コンテンツ。そして日本国内最大級の職業情報で皆さんの転職を支援します

転職シーキング >> 応募から面接まで

控え室でやってはいけないこと

では、前ページに書いたように、控え室でやっていはいけないことを簡単にあげて見ましょう。

適度に緊張しつつ、心をリラックスするようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 灰皿があってもタバコはすわない
  • お茶を出される場合、「ありがとうございます」とお礼を添える
  • Yシャツやブラウス、ジャケットのボタンをはずしてくつろがない
  • トイレに迷ったら、遠慮せずに言っておくべし
  • ほかに面接者がいても、挨拶程度の話題にしくっちゃべらない
  • 姿勢を正して座る
  • 新聞・雑誌を見るのは控える。漫画など論外

という感じでしょうか。

リラックス法は人それぞれありますが、ボク個人としてのお勧めは、

「15分ぐらい前に入り、5分ぐらい控え室の空気になじみ、社内の雰囲気を感じた後、一度トイレに行く」

ということです。もちろん、受付の人に「トイレをお借りしたいのですが・・・」と断りを入れますが、快く貸してくれるはずです。

トイレの中(個室)は完全に外界と隔絶された空間です。ここでは思いっきり背伸びしたり、深呼吸をしたり、肩や腕を大きく回したりして、緊張した体を一度緩めることができるわけです。

これが非常にリラックスできるわけです。そして、鏡で身だしなみを最終チェック。

冷たい水で手を洗い、再度心を引き締め、鏡の自分に「よし!大丈夫だ!行くぞ!」とエールを送り、控え室に戻り呼ばれるのを待つ。という感じです。

みなさんも一度やってみてはいかがでしょうか?書き忘れましたが、新聞雑誌はダメとしましたが、自分の手帳を見る程度であればOKです。

スポンサードリンク