転職のことなら転職シーキング。豊富な転職情報、役立つ転職コンテンツ。そして日本国内最大級の職業情報で皆さんの転職を支援します

転職シーキング >> 応募から面接まで

電話での問い合わせ 参考事例

さて、前ページを見ると
「ううっ・・・・。言葉遣いを少しでも間違えたら落ちちゃうのかなぁ・・(>_<)」
と思ってしまいますが、そんなに難しく考えないで下さい。

スポンサードリンク

では、簡単に電話のかけ方の事例を見てみます。


電話に出た人「はい、お電話ありがとうございます。○○商事 木村がお受けしております」
転職者「こんにちは。私(わたくし)、北村と申します。インターネットで御社の採用情報を拝見いたしまして、是非応募させていただきたいと思っておりますが、採用担当の方をお願いいたします」
電話の人「かしこまりました、少々お待ちください」


という感じです。
そうです、簡単なので臆することは全くありません。

最初の電話だとフルネームで名乗るとくどくなってしまうので、苗字だけでも良いでしょう。

敬語に関してはそこまで神経質にならなくても良いでしょう。

なぜなら、電話を取り次ぐ側の人も厳密な敬語なんて解らないからです(笑)。
そう・・・もしかしたら、上記のサンプルもどこか間違っているかもしれません。(←おい!)


秘書検定ではないのですから、くど過ぎず砕けすぎずを意識することです。

もちろん前述の秘書などの正しい言葉遣いを重視するような職種の場合は正しい敬語を意識すべしですが・・・・。

スポンサードリンク