転職のことなら転職シーキング。豊富な転職情報、役立つ転職コンテンツ。そして日本国内最大級の職業情報で皆さんの転職を支援します

自己分析 ステップ5

さあ、仕上げです。
ステップ4までできたら自己分析をまとめましょう。主観的な自分自身の分析のまとめと周りの友人知人や家族に見てもらった客観的な自分。これをクロスしてみてみます。

スポンサードリンク

といってもやることはステップ1と同じです。

ステップ1と同様「自分自身について書き出す」ということです。

ここまできたら何も臆することはありません。すらすらと書けるはずです。

今まで生きてきた自分自身の経験、過去を整理し、
「自分は何なのだ、どういう人間なのだ。何がしたいのか?」
ということを明確に文章化できるはずです。

もし、難しければステップ2のように項目別で自身を書き表しても良いでしょう。その際も「喜怒哀楽」については必ず書くことにしましょう。

一通り書いたら、翌日このノートを振り返ります。

翌日というのがミソです。書いた後すぐに確認すると、妙な達成感があり
「これで完璧!」
という心理状態に陥りやすいのです。一晩寝かすことでマッサラな心で振り返ることができるのです。

すると、色々な矛盾や変な部分が出てくると思います。もちろんその部分は修正・書き出しを繰り返し、最終的には「面接官にそのまま見せたら即採用となる」ように洗練していくわけです。

スポンサードリンク