退職シーキング

退職シーキング

  >退職に伴う手続き >年金の加入

前のページの医療保険と同じように、会社を辞めたらオートマティックに厚生年金からも脱退する。
「年金」と言っても、
「今後もらえるかどうか解らないし・・・・」
「年金システム自体、崩壊するんじゃないかなぁ・・」
という懸念もあるが、少なくとも在職中は年金の保険料を納めてきたわけで、今ここで、「受給」の権利を投げ捨てるのも勿体無いですね。

スポンサードリンク

まだまだ「年金」の恩恵を受けるのは先の話ですが、退職しても納付は続けたいものです。

既に、次の転職先が決まっている場合は、そちらの方で処理してくれると思いますのでここでは割愛。

さて、企業の厚生年金から外れると、もう一つの国民年金に加入するのが義務付けられているわけですね。

その国民年金も3つ種類があるけど、失業者が加入できるのは「第一号被保険者」という種類です。

手続きは、住んでいる地域の役所で退職の翌日からその14日以内に行う必要がある。手続きの際に持っていくものは、「印鑑、年金手帳、退職日を明らかにする物(離職票、退職証明書)」となります。

 

スポンサードリンク