退職シーキング

退職シーキング

  >有給休暇 >有給はすべて使ってしまおう!

前ページの通り、未消化の有給は退職時に消滅してしまいます。折角の権利なのだから全て利用したいものですね。

スポンサードリンク

ただし、退職時に付き物なのが「業務の引継ぎ」

仕事にもよるけども、もしあなた一人で行っていた仕事があればあるほど、その引継ぎに要する時間も増えるわけです。

例えば有給休暇が40日以上もある場合は、フルでとってもその消化に2ヶ月弱かかってしまうのです。したがって、有給が多く残っている人ほど辞める計画もしっかり立てて、事前に少しずつ消化して、いざ退職日には円満に有給休暇を全て消化してから退社したいものですね。

しかし、それでも突発的な退社などで全て消化できそうもない場合、全てを有給にしてしまうと言う手もある。

もちろん、引継ぎなどがあるが、有給をとった上で出勤するのです。これのメリットは「出勤時間」、「昼休み」、「退社時間」などの会社のルールに縛られないということですね。

朝はちょいと遅れて出社だから、1時間遅れても文句は言われんし、「昼休み」を長めに取ってもいいし、業務に目処が立ったら定時前に帰る。

ってことでもOKです、場合によっては私服での出社もOK!まぁ出勤は出勤なのだが、気持ち的には非常に楽です。

ただこれができるかどうかは社風にもよると思うけど。

いずれにせよ有給が買い取り不可の未消化でどぶに捨てるのであれば、勤務日であろうと消化しちゃった方がいいかなぁと言うことです。

但し、残業代が発生する様な長時間の勤務になる場合は別。有給とってしまうと休み扱いになるので、その日にいくら働こうとも残業手当はつかないですからね。

スポンサードリンク