退職シーキング

退職シーキング

  >解雇について >普通解雇

こちらも「懲戒解雇」と同様に労働者側に問題があるケースに適用されます。

スポンサードリンク

こちらの場合は重大な過失とか犯罪に該当しないケースです。
例えば、病気や怪我などで長期間休養し、復帰の見込みがない場合や、懲戒解雇にするほどでもないが、就業規則に違反(副業したりなど)しちゃったというようなケースがこれにあたりますね。

ただ、この「普通解雇」の法的解釈は「社員としての適正が著しく低いと認められた場合」ということからもあいまいだということがわかります。

裁判の判例から「仕事で成果を挙げない、ミスが多い、態度が悪い、休みがち。など会社にとって不利益な状態で、改善の余地がない」という場合に「普通解雇」と認められるようです。

スポンサードリンク