失業保険シーキング

広告主募集中

失業保険シーキング

  >再就職手当の支給要件について2

スポンサードリンク

5・就職日前、3年以内に再就職手当、早期再就職支援金または常用就職支度手当の支給を受けていないこと。

⇒要は再就職手当を貰ったことがある人は前回から3年以上経っているということですね。


6・求職申込みを行い受給資格者であることの確認を受けた日前に採用内定していた授業主に雇用されたものでないこと。

⇒ハローワークに最初の手続きをしに行った日の時点で採用内定貰っている場合はダメということですね。


7・再就職手当の支給の申請にかかる就職の後すぐに離職したものでないこと、その他再就職手当を支給することが職業の安定に資すると認められること。

⇒職業の安定に資すると認められることとは、原則、雇用保険の適用企業に就職し、再び雇用保険の被保険者となることです。
もし、就職先が雇用保険に加入していなくても、雇用保険に加入すべき要件を満たしている場合は支給の対象となります。


8・新たに事業を開始した場合、当該事業により、自給資格者が自立することができると認められるものであること。

⇒自立することができると認められるものであることとは・・・。
■新たに開始した事業により、被保険者資格を取得するものを雇入れて、雇用保険の適用事業の事業主となること。

■登記事項証明書、営業許可証などにより、事業の開始、事業内容及び事業所の実在が確認でき、かつ1年を超えて事業を安定的に継続できると認められること

上記二つの条件のいずれかを満たすものであることです。むろん、これは事業を興す場合のみで、職安の紹介や自身での求職で職に就いた人には関係ないことです。


以上となるけど再就職手当てについては要件が多々あるので、少しでも不明な点があれば職安の担当者に聞くのが一番よいでしょう。

スポンサードリンク